オフ会 参加メンバーの感想②『インプットとアウトプット』

《Tさんの感想》

メインのチャート見る会では環境認識の後にロンドン市場での10pips勝ち抜けが行われて、値動きの小さい相場をイメージして細かく数pipsを2〜3回に分けて獲ってマイナスは出さないことをテーマにしていたら運良くハマって2回トレードで一抜けできたので大きな自信に繋がりました。

どの様な環境でも臆することなくいつものようにトレードできる様にメンタルを鍛えていきたいと思いました。


続いてMさんとCさんが、それぞれ1回のトレードで10pips達成されましたが、どちらも素晴らしいトレードだったと思いました。


次にQTAで功績のあったメンバーの表彰がされました。中でもCさんは10万円スタートからトレード開始されて1年で200万円、2年で1000万円を達成されて和也式が複利で資産形成できる最高の手法である事の体現されたので、見本として後に続くしかないと決意を新たにしました。

《Sさんの感想》

17:00から10Pips獲得のトレードを実施しましたが、チャートは10Pips近い値幅で動いており、決して動いていないわけでは無かったのですが、やはり見るべきポイントをちゃんと見てエントリー、待つべきところまでしっかりと待って利確出来る人だけが見事10Pipsを獲得していました。

待つことの大切さはもちろんですが、自分が持ったチャートのイメージに沿ったレートの動きがあれば、そこは迷わず「えいっ!」とエントリーをする勢いも必要だなと改めて実感しました。

(W和也ポイントの位置は意識出来ていましたが、「W和也ポイント」という言葉は出てきませんでした。まだまだ勉強不足です)


今日はいくつかの表彰がありましたが、一番印象的だったのはやはりちえみさんの証拠金が1000万円を2年で突破したという事です。

金額もさることながら2年で達成という事に一番衝撃を受けました。QTAに入会したころは「2年で〇〇〇万円いける!」と複利の計算書を見てワクワクしていた事を思い出します。「継続は力なり」というちえみさんの言葉は現実を伴っているだけに重みが違います。

私も諦めずに頑張りたいと思います。


今日は久しぶりに皆さんの前で実況中継をしました。家でもブツブツやっているので実施すること自体は苦になりませんでしたが、実トレードじゃない時や人がやっている時はよく見えるのはやはり普段の実況中継がまだまだ足りないのかなと反省です。

決して技術が足りないわけじゃない、あとはやるだけ!と自分に言い聞かせもっとFXに関わらなければ稼げるようにはならないのだと、和也さんに言われ続けている言葉が頭をよぎります。。
決してネガティブにならず前向きにこれからも前に進みます。

今回は2名のメンバーの感想を紹介した。

YouTubeや本などを見たり読んだりするだけで、FXの世界で勝ち続けることが難しいと伝わってくるだろう。

インプットだけしていても理解できたかどうかは、分からない。アウトプットをしてこそ、分からないこと整理ができていないことが分かり、苦手なことも見えてくる。

そしていつもはひとりでトレードをして戦っているが、この日は同じ手法を学ぶ仲間たちと目と目を合わせ、話をすることができる。仲間のトレードに対する考えや取り組み姿勢など、こんな時はみんなどうしてるんだろう?といった話を互いにすることによって、自分自身のトレードにも取り入れ、活かすことができる。普段、日常で投資の話ができる人がいないという人が殆ど。オフ会でゆっくり酒を飲みながら話ができる時間というのは、大切であり必要だ。

FXは仕事なんだ。

生半可な気持ちで取り組んでいたら、いつか市場から退場となるぞ。

自分の人生を豊かにしたいんだろ?

それを実現するには、どうしたらいいのか?

よく考えてくれ。

年内のチャートを見る会の体験参加枠は満席となった。

興味をもって、参加申し込みをしてくれた方、会えるのを楽しみにしている。

迷っている人、迷っている時間はないぞ。

俺達はスキャルピングをやっているんだ。

瞬間、瞬間の判断ができなくてどうする?

日常の、その迷う脳の癖が、トレードにも出てくるぞ!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次