手法と恋愛①

・手法は変えずに、自分を変える

・自分を変えずに、手法を変える

どちらがうまくいくだろうか?

FXも日常も恋愛も、まずは勝っている人・成功している人、上手くいっている人のマネをすることが大切だ。

同じことを幾度も繰り返すこと。

某女性トレーダーの家に行ったとき、彼女が俺の仲間に行った言葉がある。

「和也さんのマネを100%しないと勝てないのよ。」

同じ手法を使い続ける。同じ人と付き合い続ける。

「同じことをやっていても、同じ人と付き合っていても、同じ結果しか得られないのではないか?」

確かにそういう人もいるだろう。

だから、方法をかえようとする。付き合う人を変えようとする。

違う!

何度も何度もキックの練習をすれば、「これかっ??」というところに必ず来る。

手法を変えたり、相手を変えるのは、手法の奥を、コツを、相手の真意を知ってからだ。

俺はいつも言う。

「もっと奥まで知ってほしい。広く浅くではなく、深堀してほしい。」と。

奥まで研究する工夫を続け、相手の真意を知る工夫を続ける。

それがルールを作っていくことになる。

そうすると、その手法のすごさや相手の人のすばらしさが見えてくる。

その上でトレードするから、それを理解して付き合うから結果は前よりもよくなるんだ。

困難に思えても、あきらめずに進めば結果は変わってくる。

チャートを見て研究したり、二人で話し合いを続ければ、結果はおのずと違うものになる。

車が動き出すときに一番エネルギーがいるように、最初に動き出すときには、とても大きなエネルギーがいる。

このエネルギーという言葉を『本気』という言葉に置き換えるとどうだろうか?

手法の極意を感じることができないまま、次なる手法探しの旅に出かける。

相手の本心を知ることのないまま別れて、上手く付き合えそうな人を探す。

本気なのに上手くいかないのは、その手法や相手に慣れていないだけなんだ。

今の俺はスイッチを持ち、切り替える力を持ち、一度スイッチが入れば本気で行動する。

本気で行動してうまくいかなければ、やり方を変えてやってみる。

俺にかかわる時間が長いほど、人生もトレードも、上手くいっている人が多い。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次