FX円安で稼ぐ②

さて、ここからが本題の【円安とFX取引の関係】についてみていこう。

円安とFX取引には大きく関わりがある。

FX取引では、2国間の外貨の差額を利益を出す「為替差益(かわせさえき)」と2国間の金利差で利益を得る「金利差益(きんりさえき)」という方法がある。

この2つの取引はどちらも外貨の価値が重要である。

つまり、円安の今、円の価値がどれくらい下がっているのかを正しく認識することが利益を得るポイントとなる。

【円安でも稼げる?】

FX取引は、この円安の時勢でも稼ぐことができるのだろうか?

答えは「イエス!」だ!

円安でも、円高でも、FXは利益を得ることができる。

では、円安においてどうやって稼ぐのか?利益を得る仕組みを見ていこう。

【円安で稼ぐ為替差益】

円安の際、FXで稼ぐには「為替差益」という方法がある。

為替差益とは、2国間の外貨の差額でできます出す方法だと前途した。

2国間の通貨を

①安く買って高く売る

②高く売って安く買う

このどちからで差額を狙って利益を得ていく。

まず、①の方法は、外貨を買っておき、更に円安が進んだ円の価値が下がった時に売り、差額を得る方法。

例えば、1ドル=100円で外貨を購入する。

その後円安が進み、1ドル=150円になった時に、外貨を円へ両替する。

すると、50円の利益を得たということになるな。

そして②は①の方法の逆だ。

高いところ1ドル=150円で外貨を売る。

その後円高になり、1ドル=100円で外貨を円へ両替する。

昨晩の日銀の為替介入がいい例だな。

天井で売っている。

FXの強みは、買いでも売りでも取引ができること。

今以上に上がるとイメージできる場所は、買い、逆に今よりも下がるとイメージすれば、売る。

状況に応じてトレードすれば、円安の今も、今後為替相場がどう進んでも利益を出すことができるということだ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次